【食べあるき】石松餃子本店@静岡県浜松市 〜本場の浜松餃子を味わうランチ

食べあるき
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回は沼津…ではなく、同じ静岡県でも西部エリア。浜松市浜北区に先日移転オープンした浜松餃子の有名店「石松餃子 本店」さんにお伺い!

スポンサーリンク

浜松市浜北区「石松餃子 本店」さん

「石松餃子 本店」さん。

今回お伺いした「石松餃子 本店」さんがあるのは浜松市浜北区。国道152号線沿い、新東名高速道路の浜松浜北インターから南に下ってそのままの道沿いにあります。

今回は相方まぐろちゃんと休日に少し浜松までドライブ。

浜松餃子のお店としては、元祖とも言われ全国的にも有名な石松さん。ちょうど今年2020年4月に浜北区に移転オープン、ということなので行ってみよう、ということで行ってきました。

浜松餃子、といえば円形に盛り付けた餃子の真ん中に茹でもやし、というビジュアルのイメージ。

この「もやし」をサイドに置く浜松餃子のスタイルを最初に考えたのが石松さん、と言われています。

浜松餃子に添えられるもやしは、実は石松が発祥。

外食が数少ない贅沢であった時代に、見た目も味のうちと、お客様のために 初代店主が試行錯誤を繰り返して辿り着いたのが「もやし」でした。

石松 公式サイトより
スポンサーリンク

やっぱり定番の餃子定食をオーダー!

基本メニューはこんな感じ。

お店に入るとまずはメニューを拝見。

基本の石松餃子定食をはじめ、変わり種の餃子や一品メニュー、チャーハンなどもあって品数の多さにちょっと驚き。

とはいえやっぱり定番を食べずには帰れまい!ということで基本のき、とばかりに「石松餃子定食 10個」をオーダー。

メニューには素材へのこだわりについても書かれていて、待っている間も期待が高まります。

素材にもこだわり。
スポンサーリンク

浜松餃子の王道!石松餃子を実食

石松餃子定食 10個(1,000円税込)

というわけできました!石松餃子定食 10個。1,000円税込です。

イメージしていたような円形の盛り付け(車盛り)は20個からのようで、10ことか15個だと普通の横並びスタイルの様子。

とはいえやっぱり茹でもやしは浜松餃子には欠かせないもの。

よく見ると餃子の奥に隠れていました。

浜松餃子には欠かせない茹でもやし。

早速いただきます!

皮は薄くてもちもちっとした食感。中具はキャベツ多めで甘くトロッとしたような食感、そして感じるのは、そんな野菜と豚肉の味が入り混じった優しい旨味。

ニンニクや生姜などの薬味の味も強くなくて、あっさりして何個でもいただけるような味わいです。

浜松餃子、というと抱いていた味のイメージはやっぱりキャベツ多め、というところでした。そのイメージはそのままに、キャベツだけじゃない複雑な旨味がしっかり味わえる、さすがは浜松餃子の元祖、と言われる人気店さんです。

あっさりして何個でも食べたくなる餃子です。
スポンサーリンク

王道を行きつつ変わり種も!

3種のチーズ羽根餃子(単品780円税込)

王道の餃子はもちろんのこと、変わり種も味わえました。

こちらは相方まぐろちゃんがオーダーした3種のチーズ羽根餃子。単品780円税込です。

こんがりとした色の羽根をまとった餃子に、チーズがたっぷり。

中具や皮のベースは石松餃子を踏襲しつつも、香り高いチーズの味わいをしっかり感じるメニューでした。

…ということで本場浜松で王道の浜松餃子、堪能しました。

今回は浜松で石松さんの本店でいただきましたが、実は東部エリア、というか沼津市のららぽーと沼津の3階フードコートにも石松さんのお店が入っておりまして。

そっちも今度行ってみたいなあ…もちろんイートインでも、また餃子を使ったテイクアウトのお弁当も楽しめる様子。また食べてみたいと思います!

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

店舗情報

  • 石松餃子 本店
  • 〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口252−1
  • 営業時間:平日 11:00〜14:30 17:00〜20:30
  • 営業時間:土日祝 11:00〜20:30
  • 定休日なし
  • 公式サイト→https://1402.jp/
  • 新型コロナウイルスの感染拡大状況により営業日・営業時間は変更になる場合があります
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました