【函南町】道の駅 伊豆ゲートウェイ函南(前編:伊豆のわさび「山本食品」わさびミュージアム)

沼津周辺市町
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回は沼津のお隣、函南町にある道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」に遊びに行ってきました!

折しも先日、東京の山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」駅が開業。って、全然関係ないけど。ゲートウェイつながりってことで改めて遊びに行ってきました。なんのこっちゃ。

東名高速の沼津インターから伊豆縦貫道へ。無料区間の終点、函南塚本インターからほど近くです。

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」。

まだ2017年の5月に開業したばかり。新しい道の駅です。

施設内には沼津・三島・伊豆エリアのお土産や地場の農産物が並ぶ販売所があったり。

地場の農産物が所狭しと並びます。

伊豆の海産物や農産物を使ったご飯屋さんもあったりします。

こちらの伊豆ゲートウェイ函南に隣接しているのが三島のわさび屋さん「山本食品」さんの工場兼直売所。

「山本食品」三島わさび工場。

工場の建物は「わさびミュージアム」として、わさびに関する資料展示を見ることができます。

わさびに関する資料展示に興味津々。

ガラス越しにわさびの加工施設を見学することもできます。平日は実際に作業しているところが見られるのかな?

ガラス越しに見えるわさびの加工設備。

ミュージアムの「わさびトンネル」は本当にわさびの香りがします。しばらくとどまっていると涙が出てくるくらい。長居禁物です。

マジでツンときます。

ショップエリアでは「わさび漬け」や「農兵漬」といった名産品のほか、わさびマヨネーズやわさびを使った珍味などなど、盛りだくさん!

わさび漬けの試食もさせていただきました。白いご飯によく合う!

そして先日買って食べた「わさびオイルふりかけ アヒージョタイプ」も置いてました。また食べたいなあ。

わさびオイルふりかけ。

(↑クリックorタップでAmazonの商品ページに飛べます)

そしてこちらでいただける注目グルメが「うな丼丸」

たこ焼きが載るような舟形の容器にご飯とうなぎの串がひとつ。通常400円(税込)のところこの日は320円(税込)で提供されてました。とってもリーズナブルに手軽にうなぎがいただけるありがたいグルメ。

うな丼丸(400円税込)

こちらの「うな丼丸」、静岡新聞の電子版でも記事になっていました。

山本食品(同市)の山本豊社長(57)によると、近年のウナギ価格の高騰により「せっかく三島に来ても、うな重が高くて食べられない人がいる」という。料理店が混んでいて入れないという声も聞き、少しでもウナギを安く手軽に食べてもらおうと商品開発した。

静岡新聞電子版 2019年8月20日の記事より

…という精神もすごく嬉しいものです。伊豆ゲートウェイ函南ではほかにもいろいろ食べられるので、本当に食べあるきにぴったりです。

伊豆ゲートウェイ函南にはまだまだ見どころあり!後編につづく!

  • 山本食品 三島わさび工場(函南店)
  • 〒419-0124 静岡県田方郡函南町塚本894−1
  • 09:00〜17:30
  • 山本食品公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました