【食べてみた】沼津のご当地パン「のっぽパン」の新作!フレッシュないちごの風味が広がる「きらぴ香いちご」味

食べあるき
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

沼津の誇るご当地パン、バンデロールさんの製造する「のっぽパン」

今回また新作が出た!ということで食べてみました。

スポンサーリンク

今回、2020年12月1日から新作として発売されたのが「きらぴ香いちご」味。

「きらぴ香(きらぴか)」は静岡県のいちごの品種のことだそうで、比較的新しい品種のようです。

今回ののっぽパンも、JA静岡経済連とのコラボ商品とのこと。

そういえば沼津の近くでも、韮山とかはいちごの産地

静岡県のいちご、美味しいんだよなあ。

スポンサーリンク

ということで買いに行ってきました、「きらぴ香いちご」のっぽ

何軒か買い回ったりしてやっとゲット。

なかなか見つからないあたり、やっぱり沼津の人、のっぽパンの新作が出ると買っちゃうのかな。やっぱり愛されてるんです。

パッケージは可愛らしいいちごのデザイン。

キリンさんもピンク色で可愛らしいカラーリングです。

パッケージの真ん中には「きらぴ香」のロゴも。

パッケージ上部には「JA静岡経済連」のマークも。

こういう地元農産とのコラボ、いいですよねえ。

スポンサーリンク

いざ実食!

パンの中にはピンク色のクリーム

いわゆる甘めのいちごミルク風味かな、なんて予想しながらガブリ。

と、実際は予想外の爽やかな酸味

思っていた以上に生のいちごのようなフレッシュな風味が広がり、これは美味しい

フレッシュいちご感をたっぷり感じられる、予想を超えてくる美味しさでした。

最近ののっぽパンの新作、どれ食べても美味しいんだよなあ…

今回も美味しかった!ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました