スポンサーリンク

【新潟】昔懐かしい味の黄色いカレー!レトルトの「バスセンターのカレー」をいただく

新潟のこと
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回もまた先日の新潟で買ってきた一品。

ご当地レトルトカレー、昔懐かしい味わいの「バスセンターのカレー」をいただきました!

スポンサーリンク

今回買ってきたのがこちら、「バスセンターのカレー」。1食540円(8%税込)でした。

先日新潟に行ってきた時に、ぜひ食べたいと思って買ってきました。

「バスセンター」というのは、新潟の万代シテイにあるバスターミナルの建物。

交通の要衝、ということもあってか、ここの立ち食いコーナーが名物だったよう。

そんなバスセンターの立ち食いコーナーの中でも名物なのが「カレーライス」

バスで忙しく走り回るビジネスマンには、お蕎麦やうどんはもちろん、すぐに出てきてすぐに食べられるカレーライスも喜ばれたのかなあ、なんて。

そんなバスセンターのカレーをレトルトで再現したのが、今回買ってきた「バスセンターのカレー」

テレビ番組でもこのバスセンターのカレーが特集されたよう。

お土産物屋さんでは、必ずといっていいほどこのレトルトカレーを見かけます。

スポンサーリンク

ではでは早速調理開始。

もちろんレトルトカレーなので、パックのまま湯煎で調理。

1パックが1.5人前、というボリュームサイズです。

合わせるご飯はもちろん新潟コシヒカリ

ツヤツヤの炊き立てをよそいます。

こういうのは、綺麗にご飯とカレーを分けるよりも、ご飯の真上からどちゃっとかけてしまうのが「らしい」ような気がします。

茶色い、というよりは「黄色い」見た目のカレー。

なんとなくこの見た目も懐かしさを感じます。

スポンサーリンク

ではではいただきます!

ねっとりどろりとした粘度の高いカレー

しっかりと舌にもまとわりつくような食感で、口当たりは甘めながら後からじんわりくる辛さがクセになります。

特徴なのが大きく切られた豚肉

実際にバスセンターの立ち食いスペースでカレーを食べたこともありますが、この大ぶりの豚肉が特徴だった記憶があります。

これがまた満足感高いんですよねえ…

スポンサーリンク

ということで今回は新潟みやげのレトルト「バスセンターのカレー」をいただきました!

昔懐かしの色合いと味わいで、時々無性に食べたくなるような、そんな美味しさ。

ではでは今回も、ごちそうさまでした!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました