スポンサーリンク

【新潟】カリカリふわふわ!ケンミン熱愛「栃尾の油揚げ」をいただく

新潟のこと
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回も先日の新潟でのお土産から。

新潟ケンミン熱愛、お酒のおつまみにもご飯のおかずにもぴったり「栃尾の油揚げ」をいただきました!

スポンサーリンク

今回新潟で買ってきたのは、新潟県長岡市にある「有限会社栃尾豆庵」さんのとちお油揚げ

新潟南のイオンモールで買ってきて、お値段1枚149円(8%税込)でした。

栃尾豆庵 とちお油揚げ|栃尾でしか作れない伝統の油揚げ
栃尾豆庵では、とちおの油揚げの製造・販売を行っております。直売所や飲食店で揚げたても食べられます。職人が1枚1枚丹念に手造りで仕上げたこだわりの味を是非お召し上がりください。

この「栃尾の油揚げ」というのが、新潟ではスーパーでも一般的に並んでいる、一種の郷土食というか、ご当地グルメの一つ。

通常の油揚げの何倍もあろうかという大判サイズに、厚みも極厚

栃尾と言えば、おいしいあぶらげ(油揚げ)。

全国にその名を知られる栃尾の『ジャンボあぶらげ』その油揚げは通常の油揚げの約3倍。

長さ20~22cm・幅6~8cm・厚さ3cmというあまりの巨大さに厚揚げと間違えられる程。

口に入れるとずっしり食べごたえもあれば、パリっとした歯触り良い適度な弾力もあり、

ふっくらとした柔らかさで淡白な風味が口いっぱいに広がります。

有限会社栃尾豆庵 公式サイトより

栃尾、というと新潟県は中部の中越地方、長岡エリアの地名。

僕の住んでいた新潟市エリアからはちょっと距離はありますが、それでも昔から食べ慣れた味の一つ。

焼いてよし煮てよし。ご飯のおかずはもちろんですが、大人になって日本酒の味を覚えてからは、日本酒のあてには欠かせない一品になりました。

スポンサーリンク

パッケージ裏には、電子レンジで温めたり、煮物や鍋物のレシピも載っていたり。

僕個人としてはお気に入りの食べ方が、シンプルにグリルで焼いて食べる、というもの。

おうちのオーブンレンジのグリル機能でこんがり焼いていただきます。

焼き上がった油揚げをカットして、今回は醤油とかつお節

ほかにも、おろし生姜、納豆、お味噌、刻みネギ、チーズなどなど、栃尾の油揚げと相性ぴったりの食材は数知れず。

スポンサーリンク

中でも特に好きなのは、こちらも新潟の郷土調味料「かんずり」を添えていただくスタイル。

香りよくまろやかにじんわり辛く。日本酒が止まらなくなる美味しさ。

グリルでこんがりと焼かれた表面はカリッカリのクリスピー食感

中身部分は、普通の厚揚げとは全然違うふわふわスポンジ状。ここに大豆の旨みがギュッと凝縮されていて、たまらない美味しさなんです。

スポンサーリンク

ということで今回は、新潟のご当地グルメ「栃尾の油揚げ」をいただきました。

新潟に帰ると必ずと言っていいほど現地でも食べるし、買って帰りたい、本当にお気に入りの一品。

今はなかなか行けないけど、また新潟で買って帰りたいなあ…

…と思っていたら。

沼津駅ビル「アントレ」さんの1階食料品売り場でも売ってました。笑

ちょくちょく買って食べよう。笑

JR沼津駅。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

いいね!と思ったら↓のバナーをクリックorタップ!

PVアクセスランキング にほんブログ村
新潟のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いいね!と思ったらシェアお願いします!
ぴんちょすをフォローする
スポンサーリンク
ぴんちょすの沼津ライフ
タイトルとURLをコピーしました