スポンサーリンク

【食べあるき】伊豆長岡の温泉まんじゅう!元祖温泉まんじゅう「黒柳」さんのおまんじゅうを味わう

スイーツ
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今月(2021年9月)いっぱい行われている伊豆の国市×PayPayキャンペーン

これをいい機会に、と伊豆の国市の美味しいものをたくさん味わっている中。

伊豆長岡、といえばやっぱり温泉まんじゅう。数ある温泉まんじゅうのお店の中でも「元祖」と言われる「黒柳」さんのおまんじゅうを買ってきました。

スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村ランキングに参加しています

いいね!と思ったら↓のバナーをクリックorタップ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

伊豆の国市長岡「黒柳」さん

今回お伺いしたのは伊豆の国市長岡「黒柳」さん。

伊豆長岡の温泉地にも近い場所で、店構えもいかにも老舗、といった感じ。

創業も昭和20年、ということでもう創業から70年を超えるお店です。

お店の前には蒸気を上げる蒸籠が置かれていたりも。

白い蒸気を上げる姿はいかにも温泉地、といった感じで雰囲気満点です。

温泉地・伊豆長岡、といえばやっぱり温泉まんじゅう

なかなか沼津から伊豆長岡、というと絶妙に近い距離、ということもあってなかなか温泉宿に泊まりに行く、という機会も少なくて。

今回の伊豆の国市×PayPayキャンペーンをきっかけにいろいろ食べあるいていたりして、せっかくなので、と温泉まんじゅうも食べてみよう、と。

先日も地元に愛される「柳月」さんのおまんじゅうを味わいました。

関連記事:【食べあるき】伊豆長岡名物!地元で愛される「柳月」さんの温泉まんじゅう「ながお菓まんじゅう」をいただく | ぴんちょすの沼津ライフ (numazulife.com)

スポンサーリンク

「黒柳」さんの温泉まんじゅう

ということで買ってきましたのはこちらの温泉まんじゅう。

バラ売りで1個60円(8%税込)というお値段。

今回は妻まぐろちゃんとシェア、ということで1個ずつ、合わせて2個テイクアウト。

こちらの温泉まんじゅう、材料も吟味し、添加物も使用していない、というこだわりの一品だそう。

材料の一つ一つを吟味して最高級の材料を使い、
保存料などの添加物を一切使用せず、
召し上がる方の健康に気を配り、
子供からお年寄りまで喜んで食べていただける
温泉まんじゅうを心をこめて作っております。
伊豆のお土産に・・・・・。
出来立ての『黒柳』の温泉まんじゅうをご賞味下さい。

当店温泉まんじゅうは、その日製造の「温泉まんじゅう」をその日のうちに販売いたしております。
出来るだけ温かい「温泉まんじゅう」をお客様に販売するように心掛けております。。

よって、製品管理などの観点から、店頭での販売をメインにしております。
旅館などの売店に当店の温泉まんじゅうがない理由です。

伊豆長岡温泉 元祖温泉まんじゅう『黒柳』のホームページ インフォメーション (tokai.or.jp)より
スポンサーリンク

いただきます!

ではでは早速いただきます!

食べてみればこれがもうめちゃウマ!薄皮に包まれるのは滑らかなこしあん。

舌触りが滑らかで、あんこの甘さもしっかり。

以前食べた「柳月」さんの甘さ控えめ、塩気もきいたおまんじゅうとはまた対照的。ひとくちに「伊豆長岡の温泉まんじゅう」とは言ってもそれぞれのお店の個性が光ります。

この「黒柳」さんのおまんじゅうはしっかり甘くて満足感のある一品。一個でもしっかり食べごたえのあるおまんじゅうでした!

スポンサーリンク

ごちそうさまでした!

ということで今回は、伊豆長岡の温泉まんじゅう「黒柳」さんのおまんじゅうをいただきました!

全国的にも有名な温泉地、老舗の温泉まんじゅうの味、堪能しました。

またいろいろ落ち着いたら、伊豆長岡の温泉宿にも泊まってみたい!

ではでは今回も、ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

店舗情報

  • 黒柳
  • 〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡1288-6
  • 営業時間 8:00〜16:30
  • 定休日:毎週水曜日
  • 決済:現金・PayPay
  • 公式サイト⇒http://www2.tokai.or.jp/kuroyanagi/
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました