【おでかけ】芹沢光治良記念館(我入道)で花丸ちゃんの沼津まちあるき缶バッジをゲット!

おでかけ
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

沼津のお店や施設がラブライブ!サンシャイン!!とコラボレーションして発売している「沼津まちあるき缶バッジ」、我入道の「芹沢光治良記念館」のものが発売になったので、早速買いに行ってきました!

スポンサーリンク

沼津市芹沢光治良記念館

沼津市芹沢光治良記念館
静岡県沼津市の公式ウェブサイトです。市民のみなさま向けや事業者のみなさま向けの情報、市政情報、観光情報などを提供しています。

芹沢光治良記念館は沼津市我入道にある沼津市の施設。

当時の駿東郡楊原村(やなぎはらむら)、今の沼津市我入道に生まれ、昭和に活躍した作家であり、沼津市の名誉市民でもある「芹沢光治良(せりざわ こうじろう)」についての記念館です。

鉄筋コンクリート造の建物で、外観はコンクリートの打ちっぱなし、という渋いたたずまい。

1階・2階の展示室に屋上展望スペース、という構造です。

入館料は大人100円、小人50円。しかも市内の小中学生は無料、というありがたい価格設定。

コンクリートの渋いたたずまいです。

先日発売になった「沼津港エリア共通入場券」の対象施設にもなっているので、今回はそれで入ってきました!

沼津港エリア共通入場券。
スポンサーリンク

1階 芹沢光治良についての展示スペース

1階部分は芹沢光治良の生涯や著作についての展示スペースになっています。

芹沢光治良について
静岡県沼津市の公式ウェブサイトです。市民のみなさま向けや事業者のみなさま向けの情報、市政情報、観光情報などを提供しています。

1896年(明治29年)、駿東郡楊原村我入道(現在の沼津市我入道)に生まれた芹沢光治良、現在の東京大学で学び、さらにフランスのパリ大学へ留学。

帰国後に作家となり、『巴里に死す』『人間の運命』などを著作。国際的にも高い評価を受けていたそうです。

1980年(昭和55年)年には沼津市の名誉市民となり、1993年(平成5年)、東京の自宅で亡くなったそう。

勝手に伊豆エリアゆかりの作家、というと「明治の文豪」的なイメージがついて回っていたので、実は思っていた以上に最近の時代の人だったんだな、なんて再認識したり。

(↑クリックorタップでAmazonの商品ページに飛べます)

また沼津市が制作した、芹沢光治良紹介映像もYouTubeで公開されていたりもします。48分のロングバージョンと、20分のショートバージョンがあるので、ご覧になってみては。

「芹沢光治良ゆかりの人・文学ーその魅力を探る」(20分版)
スポンサーリンク

2階 企画展・市民ギャラリー

2階は企画展や市民ギャラリーとしてのスペース。市民ギャラリーとしては、無料で貸し出しを行なっているそうです。

ちょうど今は「芹沢光治良記念館のあゆみ」として企画展を行なっていたほか、Aqours「未体験HORIZON」のミュージックビデオロケ地となった2階の一角をそのまま再現する形で展示しています。

(↑クリックorタップでAmazonの商品ページに飛べます)

【試聴動画】Aqours 4th Single「未体験HORIZON」

動画冒頭でAqoursの国木田花丸ちゃんが座っているシーンがまさにここ。

ミュージックビデオの再現スペース。

ちょっとした小道具も用意してあって、自由に撮影ができるようになっています。

撮影用の小道具も。

ちなみに1階スペースに少し展示があるのですが、ラブライブ!サンシャイン!!の登場人物と、芹沢光治良には関連があるのではないか…という話題も。

文学少女である国木田花丸ちゃんが芹沢光治良の愛読者である、ということはもちろん、高海千歌ちゃんや黒澤ルビィちゃん、小原鞠莉ちゃんの名前は芹沢光治良やゆかりの人たちから取っているのではないか、という(公式設定で言及されているわけではないのであくまで)推測、ということです。

スポンサーリンク

屋上 展望スペース

晴れた日には屋上スペースに上がることもできます。

屋上展望スペース。

屋上スペースからは、我入道の海を眺めることができます。雲がかかっていなければ、反対側では富士山が見えるかも?

我入道の海が見えます。

また2階・屋上へ上がっていく螺旋階段もまたオシャレなもの。

我入道が漁師町であることから海底をイメージし、下に行くほど暗く、上に行くほど明るくなるようにデザインされているそうです。

オシャレな螺旋階段。
スポンサーリンク

沼津まちあるき缶バッジをゲット!

沼津まちあるき缶バッジは、1階の事務室で購入することができます。1個300円。

もちろんデザインされているのは国木田花丸ちゃん。未体験HORIZONのMVをイメージして、花丸ちゃんが手に本を持って、周りには蝶が舞っている、そんなデザインです。

沼津まちあるき缶バッジ。

沼津が生んだ名作家の事跡に触れるのはもちろん、2階の市民ギャラリーではその時その時で面白い展示が行われているので、今後にも注目です!

スポンサーリンク

施設情報

  • 沼津市芹沢光治良記念館
  • 〒410-0823 静岡県沼津市我入道蔓陀ヶ原517−1
  • 開館時間:9:00〜16:30
  • 休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、休日の翌日
  • 観覧料:大人100円 小人50円(沼津市内の小中学生は無料)
  • 公式サイト→https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/serizawa/index.htm
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました