スポンサーリンク

【うちごはん】頂き物のりんごを使って自家製りんごジャムを作った話。

うちごはん
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回は自宅でお料理。

美味しいりんごをたくさんいただいたので、自家製りんごジャムを作りました!

スポンサーリンク

おすそ分けでたくさんいただいた、真っ赤なりんご

もちろんそのままいただくのも美味しいですが、相方まぐろちゃんと2人暮らし、なかなかたくさんのりんごは一度には食べきらないし、とはいえ早く食べないと傷んじゃうし。

ということで先人のお知恵をお借りして保存食に。

りんごジャムを作ることにしました!

今回はこちらのサイトのレシピを参考に作ってみました。

辻調理師専門学校さんのサイトに掲載されていた、りんごとグラニュー糖とレモン汁だけのシンプルでスタンダードなレシピです。

辻調理師専門学校: りんごジャム:作り方
スポンサーリンク

まずはりんごの下ごしらえから。

今回は皮も捨てずに使いたい、ということで皮ごと調理。

りんごの表面はよく拭いて綺麗にしてから、8等分にして芯を取ります。

芯をとったりんごは5mm厚くらいにスライス。

今回はりんごを5個使ったわけなんですが、このスライス作業がなかなか大変でした。笑

りんご5個分ともなるとかなりの量。

スライスが終わった時点で重さを測ってみたら、なんと1.3kgほど

これはジャムもたくさんできそうです。

スライスしたりんごは鍋に移して、いよいよ煮込んでいくわけですが。

ここで使用する鍋は、「ステンレス製」もしくは「ホーロー製」の鍋がいいみたいです。

レモン汁もたくさん入れたりするので、酸が悪さしないように、とかそういうことなんですかねえ。

スポンサーリンク

ステンレス製のお鍋にりんごを移したら、そこにお砂糖とレモン汁

お砂糖は、参考にしたレシピでは「りんごの量の60%」とありましたが、うっかり砂糖の在庫がなくて。

調べたら40%量くらいで作るレシピもあったので、今回は40%量で。それでも520gなので結構な量です。

レモン汁はりんご4個に対してレモン1/2個分、だそうです。

最初はまだまだ生っぽいりんご。

じっくりのんびり、時間をかけて煮込んでいきます。

20分〜30分も煮込んでいると、もういい感じの風合いに。

りんごの皮の赤色が効いているんでしょうか、美味しそうな琥珀色になってきました。

ここでちょっとアレンジ。

手近にシナモンパウダーがあったので、風味づけにちょっとプラス。

いい香りが漂います。

スポンサーリンク

水分が無くなってきたら、いよいよ仕上がり。

味見してみるとこれが抜群に美味しい!甘さも酸味もりんごの風味もちょうどよくて、これだけでもめちゃめちゃ美味しい仕上がり!

本来は保存食、ということなので殺菌したビンなどに移して常温で、というところなんですが。

タッパーに小分けにして、半分以上は冷凍保管。砂糖の量も少なめなので、ちょっと万全を期します。

タッパー1個はそのまま冷蔵庫に入れて、翌朝早速トーストにつけて食べてみました!

バターもきかせたトーストにたっぷりりんごジャムをつけて食べると、これはもう幸せの味!

ちょっと早起きして、朝の太陽の光をたっぷり浴びながら、コーヒーと一緒にいただくりんごジャムトースト。最高でした!

手作りのりんごジャム、たくさんりんごが手に入ったらぜひ試していただきたい一品!

ステイホームのお供にも、じっくり時間をかけたお料理、楽しいものでした。

ごちそうさまでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

いいね!と思ったら↓のバナーをクリックorタップ!

PVアクセスランキング にほんブログ村
うちごはん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いいね!と思ったらシェアお願いします!
ぴんちょすをフォローする
スポンサーリンク
ぴんちょすの沼津ライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました