【Jリーグ】いよいよJ2再開&J3開幕!アスルクラロ沼津開幕戦とアルビレックス新潟再開戦を自宅から観戦

アスルクラロ沼津
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

新型コロナウイルスの影響で中断していたJリーグの試合もついに再開。6月27日(土)に明治安田生命J2リーグの再開試合と、J3リーグの開幕試合が行われました。

まずは観客を入れない「リモートマッチ」での試合。僕も自宅から観戦しました!

スポンサーリンク

J2リーグ再開&J3リーグ開幕!

新型コロナウイルス感染拡大の影響から、サッカーJリーグは3月から長く試合が中断していました。

僕が住む沼津市がホームのJ3アスルクラロ沼津、そして僕の故郷である新潟県がホームのJ2アルビレックス新潟

アスルクラロ沼津はもともと3月8日(日)にホーム愛鷹に鹿児島ユナイテッドFCを迎えて開幕戦、立ったところが中断。

アルビレックス新潟は第1節、2月23日(日)にアウェイでザスパクサツ群馬を3−0で下して以降、その後の試合は中断。

約4ヶ月もの中断期間に、正直個人的にも喪失感が大きかったです。

それが今回こうしていよいよリーグ戦再開までたどりつきました。

リーグ戦の開催自体を危ぶむ声もあった中で、いろんな条件はありつつもこうして再開できたことには、まずは関係各所の方々には大変な苦労と努力があったことかと。感謝しかありません。

まずは観客を入れずに「リモートマッチ」(いわゆる無観客試合)という形での開催。

僕の推しチーム、アスルクラロ沼津・アルビレックス新潟ともに再開試合は6月27日(土)。

アスルクラロ沼津は16時キックオフでホーム愛鷹で藤枝MYFCを迎えました。

アルビレックス新潟は18時キックオフ、アウェイ戦でヴァンフォーレ甲府と対戦でした。

連続して観られる!ということでJリーグの再開に、自宅でワクワクしながら待機!してました。

スポンサーリンク

J3静岡ダービー!アスルクラロ沼津 VS 藤枝MYFC

ユニフォームとマフラータオル。

まずはアスルクラロ沼津の試合から!

先日届いたユニフォームと、買って来たマフラータオルをいよいよ身につける時!

相手は同じく静岡県勢、藤枝市をホームにする藤枝MYFC

静岡県勢同士の試合といえばもちろん清水エスパルスとジュビロ磐田のいわゆる静岡ダービーが有名ですが、J3はJ3で沼津と藤枝は静岡県勢同士のマッチ。

もちろんどんな相手にも負けられないのは当然ですが、やっぱり藤枝MYFC戦は特別なものを感じます。いわばJ3版の静岡ダービー。平常時であればアウェイ戦も観に行きやすいし。

自宅から、ということではありますがスタジアムの雰囲気を味わいたい!ということで今回は沼津にルーツのあるクラフトビール「沼津ラガー」を片手に応援します。

クラフトビール「沼津ラガー」

無観客とはいえ、先日のジュビロ磐田との練習試合の時同様に、アプリからのリモート応援で会場のスピーカーから歓声やチャントが響く形。DAZNでの観戦でもしっかりと歓声が聞こえていました。

試合展開としては前半34分に姫野選手のゴールで藤枝が先制。

その後、沼津は残念ながらシュートを1本も打てないまま折り返し。後半こそ逆転を!と思いながらハーフタイムを迎えます。

スタジアムでの観戦時にはハーフタイムの定番だったラブライブ!サンシャイン!!の寝そべりぬいぐるみを積み上げての記念撮影も、自宅からささやかに開催。

沼津名物寝そべりハーフタイムショー(リモートマッチ版)

なかなか点に結びつかない展開にハラハラしながら後半も観戦。

そして後半32分に待ちに待ったアスルクラロ沼津同点弾!コーナーキックから後頭部ヘディングシュートを決めた藤嵜智貴選手!シーズン初ゴールの瞬間に大興奮でした。

そしてそのわずか5分ほど後にはPKのチャンス。ベテラン尾崎瑛一郎選手が確実に決めたシュートで逆転!

そのまま1点のリードを守り切って試合終了のホイッスル。

見事開幕ホーム戦、そしてJ3静岡ダービーを勝利!久しぶりのリアルタイム観戦でのリーグ戦、そして逆転勝利の瞬間にアドレナリンがドバドバ。でした。

次節は7月5日(日)17:00から、AC長野パルセイロとのアウェイ戦です!

スポンサーリンク

川中島ダービー!アルビレックス新潟 VS ヴァンフォーレ甲府

アスルクラロ沼津の勝利の余韻に浸りつつも、18時からはアルビレックス新潟の試合。

それまで着ていたアスルクラロ沼津のユニフォームから、慌ててアルビレックス新潟のTシャツに着替えて試合に臨みます。

アルビレックス新潟のTシャツ!

こないだ新潟からお取り寄せした亀田製菓さんの柿の種ならぬ「勝ちの種」を食べながら観戦!

亀田製菓さんの勝ちの種。

相手は山梨県がホームのヴァンフォーレ甲府。戦国武将、甲斐の武田信玄と越後の上杉謙信が戦った川中島の戦いになぞらえて、アルビレックス新潟との試合は「川中島ダービー」なんて呼ばれて、これもマッチカードとしてはかなり特別な思いがあります。

試合は、前半戦は新潟の渡邉新太選手の先制点に始まり、甲府が連続ゴールで逆転、アディショナルタイムに追いつき同点、という展開。

後半はなかなか点が入らずハラハラしたものの、後半36分に新潟シルビーニョ選手の逆転弾。パスを出した本間至恩選手の相手をかわすターンがめちゃめちゃカッコ良かった…

これで3−2、勝てる!…と思いきや、アディショナルタイムに甲府のゴールが決まり同点に。そのまま試合終了で3−3の引き分け。

うーん、勝てなかったのはちょっと悔しいけど、ゴールもチャンスシーンも多くて、見ていて楽しい試合でした!

アルビレックス新潟の次節は、7月4日(土)にホームビッグスワンにツエーゲン金沢を迎えます!

スポンサーリンク

Jリーグのある週末が帰ってきた

ユニフォーム着て応援するのはやっぱり楽しい!

この日は16時のアスルクラロ沼津のキックオフから4時間、スタジアム現地ではないものの、ドキドキハラハラしっぱなしで楽しい時間でした。

新型コロナウイルスの状況次第ではあるかとは思いますが、少しずつスタジアムでの観戦もできるようになればいいな、と。

前みたいに思い切りスタジアムで応援するまでには、まだ時間がかかるかもしれないけど、それまでは自宅からDAZNで観戦。

次節以降も楽しみです!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました