【沼津グルメ】ひんやり×こんがり!冷凍したのっぽパンをトーストでいただくと美味しい

うちごはん
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回は沼津のご当地パン「のっぽパン」の美味しい食べ方!実は冷凍状態からトーストすることで、ひんやりクリームとこんがりパンが同時に味わえる、そんないただき方があるんです。

スポンサーリンク

沼津ご当地の味、のっぽパン

まずは「のっぽパン」についておさらい。

のっぽパンは、1978年に発売されるやまたたくまに大人気となった静岡発の菓子パンです。長さ34cmの長いパンにミルククリームをサンド。ちょっぴりユーモラスなキリンのキャラクターと合わせて、静岡県民に大人気のソウルフードです。

バンデロール公式サイトより

沼津市にあるパンメーカー「バンデロール」さんが製造販売し、沼津市内をはじめ静岡県東部・伊豆エリアを中心に駅売店やスーパー、お土産屋さんなどで購入できます。

沼津市を舞台にしたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」にも、Aqoursメンバー国木田花丸ちゃんの好物としてたびたび登場します。

定番のクリーム味やチョコ味をはじめ、季節に合わせた味やコラボレーション味のクリームが期間限定で登場したりして、地元の人を楽しませてくれます。

スポンサーリンク

冷凍からトーストでいただきます!

というわけで今回はちょっとアレンジな食べ方のご紹介。冷凍からトーストでいただいてみたいと思います!

今回買ってきたのは定番のクリーム味と、先日発売になった新味の「塩バニラ」

買ってきてから冷凍庫に入れて一晩、カチンコチンに凍っています。

カチコチに凍っています。

袋から出して天板に乗せて、オーブンレンジで焼いていきます。オーブンレンジのグリル機能でもしっかり焼けますよ!

オーブントースターにはさすがにこのサイズは入らないなあ…笑

天板にやっと乗るくらいの長ーいのっぽ。

クリームひんやりを楽しみたいので焼き過ぎは禁物

トースターやオーブンによって時間設定はそれぞれですが、うちではオーブンレンジのグリル機能で5分くらいがちょうどいいかなあ。

表面がこんがりするくらい焼いていきます。
スポンサーリンク

いただきます!

ということで、焼けたら早速いただきたいと思います!

そこまで焼き色がつくわけではないですが、表面はバッチリ熱々のカリッと食感。トーストの香ばしい香りと食感が楽しめます。

いい感じに焼けました。

外はこんがり、中のクリームはまだ冷たいので、熱々のパンと冷たいクリームを同時に味わえて、これがめちゃ美味いんです

新感覚スイーツな感じ。冷たい×熱いの組み合わせといえば、コメダ珈琲店さんの「シロノワール」のような感じでしょうか。

中のクリームはひんやり。

パンとクリームの温度差があるので、割とすぐパンは冷えちゃうし、クリームもぬるくなっちゃいます。トーストしたらすぐ食べるのが、美味しく食べるコツです。

トーストしたらすぐ食べましょう。

この「冷凍トースト」のっぽ、僕も結構前にTwitterかどこかで見かけた食べ方で、一度試してみたらこれが美味しくてハマっちゃいました。

ミルク系のクリームももちろん美味しいし、チョコ系は試したことないですがそれも美味しそう!

ごちそうさまでした!お試しあれ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました