【食べあるき】福の軒(三島駅南口)〜500円豚骨ラーメン、やきとり、おでん!安くて美味しい駅近ちょい飲みスポット

沼津周辺市町
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

今回は三島あるきの締めくくり。三島駅南口、伊豆箱根鉄道の三島駅の改札すぐそばにある「福の軒」さんにお伺い!

リーズナブルで美味しいラーメンや焼き鳥、おでんに舌鼓です!

スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

いいね!と思ったら↓のバナーをクリックorタップ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

三島駅南口「福の軒」さん

広小路の駅前通りや楽寿園をのんびり歩いて、お散歩やスイーツをたっぷり楽しんだ帰りに。

戻ってきました、三島駅

最後にちょっとお腹を満たして帰ろう、と。

気になっていて今回寄ってきたのが「福の軒」さん。

JR三島駅の南口駅舎に向かって左側、伊豆箱根鉄道駿豆線の三島駅の改札すぐそばに今年2020年の6月にオープンしたばかりの新しいお店。

お昼はラーメン1杯500円から、夜営業の時間にはさらに焼き鳥が1本90円から、揚げ物なども100円台のリーズナブルなお値段で居酒屋として楽しめるよう。

ちょっと早い時間でそんなに混んでもいなくて、密にならずに楽しめそうかな、とふらり寄ってみました。

スポンサーリンク

まずはおでんから!

ラーメンも食べたいし焼き鳥も揚げ物も気になるし…というところで目に入ったのが「おでん」のメニュー。

壁にかかったレギュラーメニューとはまた別にホワイトボードでメニューが出ていたので、秋冬の季節限定かな?

まちあるきで冷えた身体を温めようと、まずはおでんをオーダー!

メニューは玉子・大根・牛すじ・黒はんぺんの4種類!それぞれ100円+税です。

1本ずつオーダー。

濃いめの出汁でしっかり煮込まれたおでんは味がしっかり染みて美味しかった!

特に大根は箸を入れるとサクッと切れるくらいにしっかり煮てあって、牛すじはぷるぷるトロトロでめちゃウマでした!

スポンサーリンク

1本90円から!美味しい焼き鳥をオーダー

身体があったまったところで焼き鳥も!

メニューは1本90円から、とかなりリーズナブル。

ぼんじりと赤ウインナー、どちらも90円+税です。

パリッと焼けた表面はやっぱりお店で食べる焼きたてならでは!たまらない!

鶏皮は相方まぐろちゃんの大好物。ちょっと多めにオーダー。

こちらも1本90円+税。

パリッパリに焼かれた鶏皮の香ばしさと食感は絶品!

たっぷり絡んだ濃いめのタレはニンニクが効いていて独特のパンチ感。これはクセになる美味しさ!

スポンサーリンク

締めの500円ラーメンはコクがあってまろやか!

色々食べて飲んでお腹が満たされてきたところで。

締めには気になっていたラーメンを!

豚骨ラーメン500円+税。

500円とはいえど、白濁した本格的な豚骨スープにたっぷりのネギ、キクラゲ、さらにチャーシューもたっぷり2枚。

コクがあってまろやかな本格派の豚骨スープは旨味がたっぷり

飲んだ後に染みる美味しさです。

豚骨ラーメンによく合うストレート細麺、こちらも飲んだ後には嬉しいライトさ。いかにも飲み屋文化っぽくて嬉しい味です。

ラーメンのお供に頼んだのは「チャーシュー飯」なんと200円+税

ご飯の上には刻んだチャーシューとたっぷりのタレ。

このタレが鶏皮のタレと同じみたいで、ニンニクがガッツリ効いてかなりのパンチ。

200円とは思えないボリュームと満足感!

いやー、色々飲んで食べて大満足!

安くて美味しくて、ありがたいお店です!

そういえばなんとなくお店の雰囲気に既視感というかデジャブというか感じて、調べてみたら静岡駅エリアや東京で何度かお邪魔してる「かぶら屋」さんと同じ運営会社さんのよう。

道理で安くて美味しいわけだ…沼津にも出店してくれないかなあ。笑

ブランド紹介
食を通じて全ての人を笑顔にする 株式会社フーデックス 常に、時代の最先端。フードビジネスのリーディングカンパニー。

↓静岡駅エリアの「かぶら屋」さんに伺った時のも美味しかったので↓

うーん、美味しかった!ごちそうさまでした!

1日かけた三島食べあるきデート記事も気づけば7本立てになっちゃいました。

三島もこうやって歩いてみると面白いお店多いなあ…歩き甲斐があります!

スポンサーリンク

店舗情報

  • ラーメン酒場 福の軒 三島店
  • 〒411-0036 静岡県三島市一番町16−1 伊豆箱根鉄道三島駅内
  • 営業時間 7:00〜15:00 16:00〜23:00
  • 定休日なし
  • 決済:現金
  • 公式サイト→https://foodexgroup.com/brand/#fukunoken
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました