【うちごはん】ふっくら柔らかでうま味がギュッ!まぐろの魚栄(沼津港)さんで買ってきたまぐろのテールをステーキに

うちごはん
スポンサーリンク

こんにちは、ぴんちょすです。

沼津港、沼津みなと新鮮館の中にある「まぐろの魚栄」さん。

いつもお刺身や丼をテイクアウトすることが多いんですが、今回はちょっとまた違ったものを買ってみたくなって。

今回はまぐろのテール肉を買って帰って、ステーキにしてみました!

スポンサーリンク
にほんブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

いいね!と思ったら↓のバナーをクリックorタップ!

PVアクセスランキング にほんブログ村

沼津港 沼津みなと新鮮館「まぐろの魚栄」さん

今回お伺いしたのは沼津港、「沼津みなと新鮮館」の中にある「まぐろの魚栄」さん

ミナミマグロの専門店で、まぐろのお刺身用のサクや、ねぎとろ用のすき身、かまぼこや塩辛などの加工品も扱っているお店です。

こちらの名物が550円というお値段でテイクアウトできる「ネギトロ丼」

びっしりみっちり敷き詰められたまぐろのすき身に、赤身もたっぷり乗ってこのリーズナブルなお値段。

何度もリピートしている大好きな味です。

関連記事:【食べあるき】まぐろの魚栄(沼津港)〜550円でボリューム満点!ねぎとろ丼をテイクアウト | ぴんちょすの沼津ライフ (numazulife.com)

スポンサーリンク

まぐろのテール肉をテイクアウト!

今回買ってきたのがこちら。

お店の冷蔵コーナーにはお刺身のサクやかまぼこ・塩辛などの加工品が並んでいるんですが、今回は冷凍コーナーから。

冷凍のすき身やまぐろのカマなどが並ぶケースから今回選んだのがこちら。

まぐろの尾肉、またはテール肉、と呼ばれる、尻尾部分の輪切りです。

買ってきたときはカチコチの冷凍ですが、今回はステーキにして食べよう、と写真は解凍したもの。

解凍で出てきたドリップをキッチンペーパーで丁寧にふき取って…

沼津の戸田塩をちょっと振って、ニンニクで香りづけしたオリーブオイルをしいたフライパンで焼き上げていきます。

両面に焼き目をつけつつ、蓋をして弱火でじっくり火を通していきます。

スポンサーリンク

いただきます!

蓋をしてしばらく、いい感じに熱が通ってきたところで出来上がり!

仕上げに粗挽きのブラックペッパーを振りかけて…まぐろテールのステーキ、いただきます!

ふっくらと焼きあがったまぐろのテール肉、お箸を入れるとホロっと柔らかくほぐれます。

これを食べてみると…びっくりするほど美味しい!

まぐろテール、というとあんまり食べなれてない部位なので、「臭みが強そう」「硬そう」なんてイメージを勝手に持っていたんですが、とんでもない。

脂っぽさもなく、あっさりと上品な風味で食べやすく、ふっくらほぐれて柔らか食感。ギュッと詰まったうま味がたまらない美味しさ。

今回はシンプルに戸田塩とコショウでしたが、焼き肉のたれとかステーキソースとか、ダシ醤油とかでも美味しそう!

テール肉、ということで皮に近い部分も多く、コラーゲン質の部分もたくさんあって、これがまたぷるぷるもちもちしてたまらない美味しさ

皮目ももっと硬かったりウロコ残りがあったりするのでは…なんて思っていましたが、全部ぺろりと美味しくいただけました!

スポンサーリンク

ごちそうさまでした!

ということで今回は、沼津港 沼津みなと新鮮館「まぐろの魚栄」さんで買ってきたまぐろテール肉をステーキにしていただきました!

こういう普段なかなか目にしないような食材に出会えるのも、港でのショッピングの楽しみのひとつ。また美味しいもの探しに遊びに行きたいな、と思います。

ではでは今回も、ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

店舗情報

  • まぐろの魚栄
  • 〒410-0845 静岡県沼津市千本港町128−1 沼津みなと新鮮館内
  • 9:00〜17:00
  • 定休日:第2・第4火曜日(みなと新鮮館の休館日)
  • 決済:現金・PayPay
スポンサーリンク
にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

にほんブログ村アクセスランキングに参加しています

いいね!と思ったら↓のバナーをクリックorタップ!

PVアクセスランキング にほんブログ村
うちごはん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いいね!と思ったらシェアお願いします!
ぴんちょすをフォローする
スポンサーリンク
ぴんちょすの沼津ライフ
タイトルとURLをコピーしました